読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宗像久嗣の研鑚

イラストレーター兼デザイナ兼IT雑用係。気楽にやろう。

pixivFACTORYで名刺作ってみた

妻である杉浦絵里衣(@erii_magaki)が、2016年11月23日(水祝)に開催される「文学フリマ」へ参加するのですが、本は刷り上がっているものの、ご挨拶用の名刺が無い状態でした。彼女はインクジェットでプリントしたものでもよいとか言ってたのですが、せっかくなのできちんと刷ろうと思った次第です。

私の本業はWEB屋ですが、チラシや名刺、会社案内のパンフ・冊子などを作ることもあったりして、その折にはグラフィック(http://www.graphic.jp/)さんを利用しています。品質も良いしサービスも良いし。先日個人情報流出しちゃったけど(笑…いごとじゃない)

いつもどおりグラフィックさんに頼んでもよかったのですが、たまたまpixivFACTORYからメールが来ており、試しに名刺でも作ってみるかと思ったのでそのレポート的なものになります。

結論から言うと、まあ悪くはないけど、という感じでした。

できたもの

上記の写真通り、発色はなかなか良い。

ビビッドなピンクやオレンジをふんだんに使ってるのですけど、濁ることもなく、遠目から見ても鮮やかに見える。心配していたQRコードスマホで認識できることも確認。柴犬のモフモフ具合も健在です。

 比較してみる

f:id:munakata106:20161119080934p:plain

左が過去にグラフィックで刷ったオフセット名刺(ちなみに左下は私の名刺ではなく、売り子をしていただいていた女性のために作った名刺。最近会ってないけど元気してるぅ~?)。右が今回のpixivFACTORYでの名刺表裏。300dpiでスキャンして25%縮小してるためか、オフセット・オンデマンドの違いはほとんどわかりません。

 

f:id:munakata106:20161119080941p:plain

ただ原寸大でみるとごらんのとおり。pixivFACTORYのほうは網点が見えます。人物の主線もかすれて見え、文字の淵にもギザギザが出ています。オンデマなので仕方ないですね。スキャンしてこれなので、実物では目を凝らさないと気にならないかもです。私は目が肥えているので気になりますけどね(キリッ

価格(記事投稿2016/11/19現在)

  • pixivFACTORY 2日納期 両面カラー コート225kg 50枚 1,830円 オンデマンド 
  • グラフィック 2日納期 両面カラー コート225kg 50枚 1,330円(本来は2,650円で50%キャンペーン中でした) オフセット
  • グラフィック 1日納期 両面カラー コート225kg 50枚  1,795円 オンデマンド

 配送料は

  • pixivFACTORY 配送料 320円(今回の名刺の場合) 
  • グラフィック 無料(1,000円以上、そのほか条件あり)

となっています。オンデマの印刷費はほぼ一緒ですが、送料が無料・納期が1日短いぶんグラフィックに軍配があがるかな。あとキャンペーン中でオフセットのほうが安いという事実に気が付き、膝から崩れて落ちてます。グラフィックはたまにキャンペーンやってくれるのでチェックしておくとよいです。

ところでグラフィックってこんなに安かったっけ?と思い過去の注文履歴を調べてみると、2010年では片面カラー50枚5日納期オフセットで2,500円を越してました。こんなふうに価格は変わりやすいので注文するときはご注意を。

余談ですが、過去にケナフ紙を使った名刺を刷ったことがあるのですが、50枚で9,000円近くもしたので、持っている方は大事にしてやってください(もう刷らんぞ)。

pixivFACTORYのよいところ

初心者に超優しいところでしょうか。画面上に画像をドラッグ&ドロップするだけでよいですし、プレビューもすぐできるし、解像度が低ければアラートが出たりと、印刷したことがない人には安心な機能がついていると思います。あと従来はPhotoshopIllustratorが必須な印刷において、JPEGPNGに対応しているのもメリットは大きいかとおもいます(PSDにも対応してるようです)。DTPには縁がない10代や学生さんにはかなりメリットはありそうです。あと名刺以外もグッズが豊富で、作ったグッズがすぐにBOOTHで売れるところも大きな利点。というかそれが本流なんでしょうけどね。pixivというイラストプラットフォームと直結してるのは安心感はあるのかも思ったり。

デメリットをあえて言うと、ミリ単位の細かい調整ができない分、EPS入稿に慣れた私のような人間は逆に不安になりました。 

結論

結論としては、まあ悪くはないけど、名刺に関しては今後もグラフィックさんに頼むことになりそうです。まあグラフィックはそもそもオフセットですから、比べる前提条件が違うんですけど。機会があったらグラフィックのオンデマンドとで品質比較はしてみたいです。

でもpixivFACTORYのグッズはかなり魅力的。単品注文が可能なので、アクリルフィギアもイベントのために作りたかったのですが、ちょっと時間がかかるため今回は見送り。ま、ようは適材適所ですね。参考になれば。