宗像久嗣の研鑚

イラストレーター兼デザイナ兼IT雑用係。気楽にやろう。

雑談:巨大構造物と少女シリーズ「届くかな、この歌」

 

【オリジナル】「巨大建築と少女シリーズ「届くかな、この歌」」イラスト/宗像久嗣 [pixiv]

巨大構造物と少女シリーズ5。

音響機器メーカーTOAが昭和37年に実験的に開発した口径3m、全長6.6mの巨大ホーン。16個ものドライバユニット、4200Wのアンプを用いて、最長12km先まで音を届けることができたという。詳しくはこちらの記事「ソーシャルデザインとしての音」が、実際にインタビューをしており詳しい。

スピーカーの形状は写真が残っているものの、アンプに関しては遠目ではわからず、仕方なく想像で描くことにした。この巨大建築と少女シリーズはなるべく実物を正確に描く(3Dでモデリングをしてスケール感も正確にする)という狙いがあるので、やや腑に落ちない絵になってしまったが、構図はけっこう気に入っている。

あと何気にエフェクターも作りこんでいるのだが、ほとんど見えなくて無念。ちなみにエフェクターDAITAを参考に。

これを描いているときにふと思い出したのが、小学校のころに所属していた放送部。なにも入る部活がなくて適当に選んだのだが、朝は他の生徒より1時間は早く登校し、全生徒が下校してから帰るという日々で、地味につらい活動だった。朝の登校時はヴィヴァルディの「四季」やチャイコフスキーの「くるみ割り人形」、下校時にはトロイメライや赤とんぼなど、お決まりの曲を流し、朝には「今日は何の日」という原稿を読み上げる。すべてが決まり事で同じことを繰り返しているだけの活動だった。その証拠に、台本は古くてボロボロで、何年も同じことを繰り返しているのが伺えた。それを数人のメンバーで日替わりで読み上げるのだが、朝の放送なんて誰も聞いちゃいないと思っていて、いつも適当に読んでいた。放課後にもお決まりの台本があり、「下校の時間になりました、はやく帰宅しましょう」といったものを読み上げるのだが、あるときに顧問の先生にこう言われたことがある。

「放送は、学校の端から端まで聞こえるようにはっきりと言わないといけない。たとえばグラウンドの端の鉄棒で遊んでる子は時計が見えないだろ? お前たちの放送が頼りになるんだ」

そんなことを思い出し、これだけ巨大なスピーカーで放送すれば、一つの街の学校すべてに下校を促す放送ができるかももしれない。まあスピーカーの近くは爆音でたまったもんじゃないだろうが。

 

放送局には「コールサイン」という、どこが発信しているかを認識するコードが割り当てられている。本来は規則があるものだが、学校の放送部くらいであれば適当に名乗ってもよいらしく、くだんの放送部でもHBC(学校の頭文字 + Broad + cast )というコードを放送後に口頭で言っていた。そんなわけでこの記事の最後もオリジナルのコードを発信して終わりたい。

MHBC(Munakata + Hisatsugu + Broad + cast